ブログBLOG

2016.11.1

中年乗務員の転職奮闘記|その6

img_3374

みなさん、こんにちは。中年乗務員の野口です。きょうは乗務面談についてお話ししたいと思います。この面談は新人乗務員だけでなく、誰もが受けられる個別相談会です。売上のことだけでなく、お客様の乗せ方や走り方、休憩のタイミングなど、職業ドライバーとしての悩みや課題を話せる機会でもあります。私の場合は単独乗務を始めて1ヶ月でしたので、いまの走り方の確認とアドバイスが中心になりました。

img_3366

私の営業エリアは、主に渋谷、恵比寿、目黒界隈。いわゆる城南地区ですね。街の雰囲気や佇まいが好きなだけでなく、土地勘もあるので走りやすいのです。しかし悩みがひとつ。それは、思ったように営業回数が増えないこと。走る時間帯が悪いのか、お客様がいないエリアを走っているのか。ひとりで悩んでいても始まらないので、この場を借りて相談してみました。
img_3368

さて、そんな悩みを相談してみると「走り方は悪くないね。営業回数が伸びないのは、走り方のパターンが悪いのかもしれない」と言うアドバイス。詳細な解決法はシークレットですが、丁寧に走り方のパターンをご教示いただいた次第です。駅前や病院での客待ち営業は似合わない。やはり流しの営業が自分のスタイルにあっていると確認できて、有意義な相談会になりました。
img_3369
 面談の1週間後。待ちに待ったその日がやってきました。そう、売上自己記録の更新です。なんと8万円超えの新記録!いやあ、嬉しかったですね。この日は勘が働いたのか、行く先々でお客様をお乗せすることができました。走り方のパターンを実感して学んだこと。それはお客様の気持ちになって走ること。安全に、快適に、確実に目的地へ。それを正しく実行すると、お客様がお客様を招んでくれるのですね。ひと皮むけて自分が進化したように感じた一日でした。

img_3421