ブログBLOG

2016.2.6

新人乗務員の転職日記 2

DSC_0037

みなさん、初めまして。新人乗務員のNです。会社員から乗務員に転職した感想やトピックを思いつくままに綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。さて以前の私は会社員でして、みなさんと同じようにスーツで仕事をしていました。ですので、制服を着るのは学生時代以来になりますね。なにやら新鮮な気持ちですし、背筋が伸びる緊張感もあります。

成城校外観

 

さて、国光自動車の面接に受かった私は、2種免許を取得するために教習所に通うことになりました。コヤマドライビングスクールの成城校です。もともと運転好きの私は、教習所通いになんの抵抗もありませんが、長いこと染みこんだ運転のクセを直すことは大変でした。それをいちから正され、さらにお客様を乗せて走るのですから、スムーズなハンドリング、アクセリング、ブレーキングも学びました。

コース全体

特に難しかったのは、V字コーナーの切り返し。タクシーはお客様の要望に従って、どんな道でも進まなければなりません。都内の住宅街は狭い道路も少なくありませんから、このテクニックは大事です。最初こそ何度も切り返していましたが、教習を重ねるごとに切り返しの数が少なくなったときは、やはり嬉しかったですね。腕前が上がったというか、自分に誇らしかったのを覚えています。

鋭角

 

1週間におよぶ教習所通いでしたが、卒業試験を無事にパス!その後、鮫洲試験場で本試験を受けましたが、これもなんなく1発で合格!運転免許証に職業ドライバーの証である「中型2種」の印がついたときは、心の中でやった!と思いました。ホントに嬉しかったです。でも、ここで終了ではありません。難関はタクシーセンターでの地理試験。これに受からなければ、乗務員証がもらえないのです。