ブログBLOG

2022.5.16

転職にタクシーって、どうなの?

女性1

皆さん、こんにちは。ブログ担当のホッシーです。きょうは転職にタクシー乗務員を考えているけど、実際はどうなの?という疑問にお答えします。転職経験者の本音は、参考になりますよ。

転職してわかったこと|年収が上がった!

タクシー乗務員は収入が低いイメージを持っている方も多いと思いますが、実際勤務してみると「年収が上がった」という声も多くあります。タクシー乗務員の給与体系には、歩合制が取り入れられています。歩合制とは、個人の売り上げに応じて給与が変動する給与体系です。つまり、自分の頑張りが反映されるので、努力すればするほど収入を上げることができます。そのため、真剣に仕事すれば前職よりもいい収入を得られるのです。ただし、自分の頑張りが反映されるということは、仕事をサボってしまえば給与は減ってしまうということ。いかに自分を律して真面目に勤務できるかが重要です。

転職してわかったこと|超ホワイトだった!

タクシー乗務員は長時間労働で夜間も仕事をするため、ブラックなイメージを持っているかも知れません。しかし、長時間働いても休みが取れますし、夜間はタクシー料金がアップするため稼ぎやすくなっています。夜遅くまで残業して、翌日はまた朝から仕事…という心配も必要ありません。しかも、まとまった休みを取れるので、プライベートを充実させたい方にピッタリ!他の職業では味わえない、タクシー乗務員ならではの魅力です。自分の頑張りが給与に反映されて、しっかり休める、残業の心配もないタクシー乗務員は、ブラックどころか超ホワイトな職業なんです。

転職してわかったこと|働き方が自由だった!

タクシー乗務員の勤務体系は、日勤・夜勤・隔日勤務の3タイプです。メインの勤務体系は隔日勤務ですが、自分の働きたいスタイルを選択することもできます。家族がいる人は生活リズムをそろえやすい日勤、昼間は別の仕事をしている人は夜勤、休みを増やしながら稼ぎたい人は隔日勤務を選択するといいですね。特に日勤は女性にダントツの人気です。また、乗務はひとりなので自分のペースで仕事ができます。上司や同僚に気を使う必要はありません。ガッツリ稼ぎたい人は積極的に営業できますし、のんびり仕事することも可能です。タクシー乗務員なら自分の働きたいように働けるため、理想的な暮らしを満喫できますね。

転職してわかったこと|副業にピッタリだった!

タクシーの仕事は副業にもピッタリです。勤務体系を選べますので、本業が昼間の仕事であれば乗務は夜勤を。本業が夜なら乗務は日勤で働くことができます。また、本業がシフト制の場合も、そのシフトに合わせてタクシーの仕事を入れたり休みを入れたりできます。ミュージシャンや俳優、小説家などの夢を追いながら働きたい人にとっても、理想のライフスタイルといえますね。普通の会社員やコンビニの店員では得られない融通の利きやすさ。自由な働き方が、タクシーの仕事の魅力です。

自分らしく働きたい!稼ぎにも休みにも満足したい!いまより上のステージで暮らしたい!もしもそう思ったら、あなたは転職適齢期です。思い切って面接の扉を開けてみませんか?私たち国光自動車は、あなたの夢を心から応援します。

お問い合わせは、こちら>>>03-3474-5633 担当:東山・わたらい