ブログBLOG

2021.3.30

東京無線と業務提携します。

IMG_2235

4月1日をもちましてチェッカー無線グループは、東京無線グループと業務提携を致します。この提携でお客さまにどのようなメリットがあるのか、丁寧にご説明致します。

車両台数で最大規模の無線グループになります。

チェッカー無線と東京無線の提携で、車両台数が6,800台になります。これは日本交通の4,700台だけでなく、国際自動車(3,900台)、大和自動車(2,000台)を大きく凌ぐ、最大規模の無線グループの誕生です。台数が多くなるということは配車スピードが上がり、お客様にとって大きなメリットになります。また、タクシー運転手も乗客を獲得できる機会が増えることが予想されます。

IMG_2233

車両外観が統一されます。

両グループに加盟するタクシーの外観は大きく異なりますが、業務提携後は外観の統一化を進めます。具体的にはチェッカー無線の行灯が東京無線のタイプに変更され、東京無線の車両にはチェッカー無線の市松模様のラインが入ります

タクシーチケットが共通化されます。

いままでは独自のタクシーチケットを発行していましたが、これからは共通チケットを新たに発行することによって、どちらの車両でも使えるようになります。ですのでお客様の利便性が大きく向上致します。

IMG_2234

無線配車システムが統合されます。

無線グループ同士の業務提携ですので、配車システムの統一化は、お客さまにとって大きなメリットです。同じお客さまに重複して車両を配車するミスを防げるだけでなく、スピーディで効率的な配車が実現できることになります

このように業務提携によるメリットは大きいですね。今後はさまざまな施策が企画されています。これからの私たちにご期待ください。