ブログBLOG

2017.12.19

ご注意ください、夜の銀座の乗禁地区!

9f1faa15b4ea6c173a55135e88449ca0_s

どんなに時代が変わっても、色褪せることなく輝き続けている街、銀座。年の暮れを目前に控えて、いよいよ賑わいもピークを迎えようとしています。銀座で夜遊び。仕事帰りのビジネスマンにとって、自分へのご褒美とも言える楽しい時間の始まりですね。おいしいお酒をいただいた夜、タクシーでご帰宅されるなら、ぜひご注意ください。銀座にはタクシーの乗車禁止地区があるんです。

ginza02

平日の午後10時から午前1時にかけて、銀座5丁目〜8丁目、新橋1丁目の一部は乗車禁止地区になっているのです。もちろん土曜・日曜・祝日は除きますが、指定されている乗車場所でないとタクシーに乗れません。「えーっ!知らなかった!」という声も聞こえてきそうですが、本当です。私の友人が上京した際に銀座で飲み、タクシーを拾えなかったとこぼしていました。

DSCN1106

そもそもタクシーの乗車禁止地区は、なぜ存在するのでしょう。それは1970年代にまでさかのぼります。高度経済成長時代で夜の銀座は大賑わいでしたが、タクシーに乗ろうとしても台数が少なく、近距離客を拒否したり、法外な料金を請求する悪質業者が横行したため、銀座や大阪の北新地に乗車禁止地区が設定されたのです。いまではおよそ考えられないことですね。

DSCN1109

しかし、いまだに不適正な客待ちをしているタクシーが少なくありません。そこで私たちは、定期的に街頭指導を実施しています。この季節は寒くてつらい仕事のひとつですが、2重駐車による渋滞の解消、違法な「白タク」の排除、乗り場以外での客待ちを排除するには、欠かせないことと自負しています。お客様にとって快適にタクシーをご利用いただくために。私たちの街頭指導は、これからも続きます。

drink04_400x400